人生最後の晴れ舞台|良い葬儀プランを提案してくれる業者を選ぼう

参列者の範囲は

数珠

基本的には親族のみだが

家族葬は大阪府の大東市でも頻繁に行われています。会葬者の参列マナーなどのポイントがあるので、しっかりと把握しておきます。大東市においても「家族葬」と言われる概念は一般的な家族葬の考え方と同じです。3〜4親等の親族内で行われる葬儀のことを指し、特徴としては参列者に友人や知人がいないことでゆっくりと故人をお見送りできるというメリットがあります。そういった意味合いがあるため、基本的に参列するのは親族に限られ、生前に故人と親しかった友人であったとしても参列を辞退するのがマナーです。大東市の場合も特別な地域柄はなく、会葬者が家族葬へ参列はすることは許されていません。しかし、例外的に親族から要請を受けた場合は参列することが可能です。大東市の家族葬の場合は、そもそも親族からの訃報連絡の中には一般の参列者を断る旨の内容が記載されていたり、葬儀自体の日時がまったく記載されていないケースが多いです。故人と懇意にしており、どうしてもご焼香をあげたい場合は、事前に式場等へ電話にて一般参列が可能かどうかを確認するようにしましょう。その場合でも、家族葬の場合は参列は辞退するのが原則であるということを念頭にお伺いするようにしましょう。また、訃報に家族葬との記載があるものの、日時や場所などが記載されているケースもあります。その際にも参列を望む場合は、事前に親族や式場に一般参列を受け付けているかを確認してから赴く方が失礼に当たらず良いでしょう。