人生最後の晴れ舞台|良い葬儀プランを提案してくれる業者を選ぼう

宗教の確認

葬儀

僧侶の頼み方

大阪府柏原市で行う葬儀の形式には、仏式・神式・キリスト教式などがありますが、宗教・宗派によっては葬儀のやり方に違いがあります。原則として、柏原市では故人が信仰していた宗教を尊重し、其々の形式で執り行います。また、最近は柏原市でも宗教にこだわらない、音楽葬、文学葬、山岳葬などといった新しい形式のものも増えていますが、故人が無宗教であっても特に遺言などがない場合は、故人の生家の宗教に従って行うのが一般的です。故人が信仰していた宗教と生家の宗教が違う場合は、遺族間でよく話し合い、葬儀の形式を決めるようにします。柏原市の僧侶の頼み方は、仏式の場合、菩提寺があればそこに直接出向き、住職に依頼します。この時、式次第や戒名をどうするかなどの打ち合わせをしておきましょう。菩提寺が遠方の場合は、近くにある同じ宗派の寺院へ依頼します。これは、宗派が違うと戒名の付け方が異なり、菩提寺に埋葬できなくなる可能性があるからです。1度戒名をつけると、それを変更するのは難しいので注意が必要です。故人の宗教が仏教でも宗派が分からない場合は、たとえ近くの寺で葬儀を行うにしても俗名で出すようにし、戒名は後で菩提寺で付けてもらえばいいでしょう。神式の場合は個人が氏子だった氏神様に頼みます。氏子でなくても相談すれば大概の場合は受け付けてくれます。いずれにしても神社へ足を運び、いろいろ相談してみるのが1番です。キリスト教の場合は故人が通っていた教会の神父や牧師に依頼するとよいでしょう。